~こちらも注目!お役立ち情報まとめ~

安全性の高い化粧品探し

美白化粧品を選ぼう

肌のタイプに美白化粧品を選んでみましょう。敏感肌の人は肌が荒れやすいため、刺激の少ない化粧品を選択することが大切です。価格帯や成分表の確認など、美白化粧品を購入する上で押さえておくべきポイントにご注目ください。

READ MORE
美白成分の種類

美白成分のまとめ

市場に出回っている美白化粧品の中には、代表的な美白成分が豊富に含まれています。「これが含まれていると安心!」という成分を知ることが大切です。それぞれ異なる特徴を持っているので、比較してみると良いでしょう。

READ MORE

肌質に合うスキンケアが必要

女性にとってスキンケアは欠かせない習慣の1つになります。美白効果の高い化粧品を使用しても、それが肌に合わない場合は効果を得られません。まずは自分自身の肌タイプを理解する必要があるので、それぞれの特徴と共に詳しい情報を確認してみましょう。

あなたの肌はどのタイプ?

季節を問わずにカサカサしている乾燥肌

ファンデーションを乗せると粉吹きや痒みが生じるというアナタ。その肌トラブルの原因は乾燥によるものかもしれません。乾燥肌は肌のタイプとして比較的多いと言えます。保湿ケアを徹底することで大分改善出来ますが、人によってはシワやシミの原因にもなるので注意が必要です。

テカりやべたつきが特徴的なオイリー肌

毛穴から分泌される皮脂の量が多いと、メイクをしてもすぐに崩れてしまいがちですよね。テカりやべたつきが気になるようであれば、オイリー肌であることを疑っても良いでしょう。オイリー肌はニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなるため、乾燥肌とは異なるケアを要します。

乾燥肌とオイリー肌の特徴を兼ね備える混合肌

おでこや鼻はテカテカ、それに対し頬や口元はカサカサ。混合肌は顔の部位ごとに異なる特徴を持っています。そのためスキンケアには手間がかかるものです。肌のタイプの中では最も厄介ですが、ケア次第で改善することが出来ます。

これぞ美肌!誰もが憧れる普通肌

毛穴も開いておらず、尚且つベタつきや乾燥にも無縁。そんな状態の肌は理想的です。普通肌はニキビや吹き出物などのトラブルが起こりにくいため、最も美しい肌として注目されています。スキンケアによってこの肌に近付くことが大切です。

スキンケアの疑問を解消

敏感肌でも使用出来る化粧品は多い?

国内の化粧品メーカーの多くは、肌タイプごとに最適な化粧品を製造・販売しています。オイリー肌や普通肌用はもちろん、敏感肌に最適な化粧品も増えてきていますよ。刺激性の化合物などが一切含まれていない化粧品だと肌に優しく、どんな肌タイプの人でも安心です。

スキンケアで美白って可能なの?

美白化粧品の中にはシミが出来る原因になる「メラニン」の生成を予防し、肌に透明感を与えるものがあります。出来てしまったシミを確実に消すことは簡単ではありませんが、紫外線から受けるダメージを最小限に抑えることで、理想的な美肌を手に入れることは可能です。

化粧品の種類がありすぎて選べない!

確かにここ最近で化粧品の種類は増えていますね。国産のものはもちろん、海外のメーカーも日本に進出しつつあります。その中で最適な化粧品を見つけるのは難しいものですが、口コミやランキングサイトを利用することで、同じ肌タイプの人の意見を参考に出来ます。

化粧品で肌が荒れた経験があるから不安。

極度の敏感肌の場合、一般的な化粧品だと肌が荒れてしまうリスクは高いと言えます。敏感肌用の化粧品を利用すれば、刺激は最小限まで抑えられるでしょう。心配であれば皮膚科などで検査を受けてみることも悪くありませんよ。安全性を考慮することが大切です。

安い化粧品でも効果はあるのでしょうか?

値段が高いからといって絶対的な美白効果があるわけではありません。それと同様に、安い化粧品だからといって効果がゼロということもないのです。効果が高い美白化粧品のランキングなどを確認してみると良いでしょう。幅広い価格帯のものが紹介されています。

【基本的なスキンケアの手順】

クレンジングでメイク落とし

メイクをしているならまずはクレンジングから始めましょう。アイメイクなどは先にリムーバーなどで落としておくと良いでしょう。クレンジングにはミルクタイプやオイルタイプなど様々なものがあります。毛穴に詰まった汚れを浮かせて落とすためにも、オイルタイプを利用する人がほとんどです。強く擦ると肌荒れの原因になるため、力加減には十分に注意しましょう。

洗顔はスキンケアの基本

実はスキンケアの中でも洗顔は重要です。クレンジングはあくまでもメイクを落とすためのもの。古い角質や皮脂などをしっかり落とすためには、丁寧な洗顔が必要になるんです。専用のネットなどできめ細かい泡を作り、優しく肌に乗せるようにして洗うようにしましょう。汚れを落とすためにゴシゴシ擦ってしまいがちですが、肌を傷付ける恐れがあるので要注意です。

化粧水による保湿

洗顔後は出来るだけ早めに保湿を行なわなければいけません。肌についた水分はすぐに蒸発し始めます。放置していると乾燥し、肌が突っ張ってしまうでしょう。化粧水を適量手に取り、手のひらで馴染ませるように温めるのがポイントです。温まったら頬を手で包み込むようにして、徐々に顔全体に伸ばしていくようにしましょう。目元や口元も念入りに保湿することが大切です。

乳液や美容液でフィニッシュ

化粧水でたっぷり保湿をしたら、仕上げに美白効果がある乳液や美容液で蓋をしましょう。保湿効果を維持するためには、肌に蓋をしなければいけません。化粧水よりも浸透率が低めな乳液などは、肌の水分を逃がさないようにするためにも最適です。敏感肌の人は特にこの作業が重要になります。保湿後には美容成分を吸収しやすくなっているため、美白効果も高まるのです。

パウダーなどをはたくのもOK

乳液や美容液を使用した後は肌がベタついてしまう可能性があります。一定時間経った後はティッシュなどで拭き取ることも悪くありませんが、ベビーパウダーなどをはたき、肌をサラサラの状態にすることも最適です。しかし毛穴の詰まりの原因になることもあるため、朝はしっかりと洗顔を行なうようにしましょう。スキンケアの方法次第で美肌は確実に手に入ります。

広告募集中